歯が生まれ変る|インプラントでグルメを楽しもう

歯医者

便利な矯正治療

smiling

インビザラインは痛みの少ない矯正治療なので、長期間にわたって治療をスムーズに続けることができます。インビザラインは従来のワイヤー矯正にはないメリットが多数あるので、治療中の精神的ストレスを軽減することができます。

Read More...

忙しい人でも安心

白い歯

新宿の歯医者では平日の21時まで診察をしているところがあったり、自分の歯をできる限り残す根管治療をしている歯医者もあります。また、駅近くに多くあり、忙しいビジネスマンでも利用しやすいという特徴があります。

Read More...

最新式の義歯治療とは

顎に直接装着する

虫歯や歯周病などで歯を抜かなければならなくなった場合、その跡に義歯を装着することで補完を行います。義歯にはいくつかの種類がありますが、古くから利用され、実績もあるのが入れ歯とブリッジの2つです。その一方で、ここ20年ほどの間に急速に普及するようになったのがインプラントです。インプラントは正確には顎に埋め込む人工歯根のことをいいますが、これを用いた歯科治療技術全般を指す言葉にもなっています。具体的には、顎の骨にねじを埋め込むようなかたちで金属製の人工歯根を装着し、それを土台としてセラミックなどでできた義歯を取り付けます。インプラントは保険の適用外なので、先に掲げた2つの義歯治療に比べると費用が高額になる点には注意が必要です。しかし非常に優れた点の多い治療法でもあります。

自分の歯のような使用感

インプラントの大きな特徴として挙げられるのが、使用感が非常に自然であるという点です。人工歯根に使われる金属の多くはチタンですが、この金属には生体と接触すると堅固に固着するという特性があります。そのため義歯のぐらつきが少なく、天然の歯に近い噛み心地が得られます。人によってはインプラントのことを「第2の永久歯」とも呼んでいます。また、いったん装着すると非常に長持ちするというのもインプラントの特徴の1つです。一般に入れ歯は5〜6年程度、ブリッジは10年程度で寿命が来ると言われていますが、インプラントの場合は25年を経過しても90%以上が良好な状態を保っているとされています。メンテナンスをきちんとすれば、生涯利用可能だとも言われています。

抜歯した場合の処置等

白い歯

歯が抜ける原因は歯の根元が炎症を起こしている場合があります。そのため、できるだけ早く、東京にある歯科クリニックで診察を受けることが大切です。なかにはインプラントを得意とする歯医者も存在しているので、ネットで検索して調べてみましょう。

Read More...